このサイトの記事を書いているライターを紹介します。

それぞれ己の道を突き進むいわば「その道のプロフェッショナル」ばかりです。

一部、架空の人物が含まれています。ライター情報の真偽の判断はご自身でおこなってください。クレームや「センスないぞ!」などのダメ出し等はお受けいたしかねます。

サイト責任者:色男の代名詞!メンジー編集長

メンジー編集長

メンジーなメンズになるために20代で努力を続けてきた編集長。
ファッションが大好き。

多趣味で博学、女性の扱いにも絶対の自信を誇るまさにパーフェクトな男の代名詞だと言っても過言ではない。※自分談

サイト副責任者:オールマイティな美容知識を持つ!設楽 祐

設樂 祐

こんにちは!
SHIDARAです。
メンジーなメンズのライターです!
10代後半から20代前半をファッションや美容に力を注いできた経験を活かして、役に立てる記事を提供できたらと思います。

■有資格
美容師免許
ヘアケアマイスター(マイスター1次コース)

ファッションジャンル:英国からきたファッショニスタ!フレディ松本

フレディ 松本

Hi!僕はフレディ松本!
生まれはイギリス、9歳の時に日本にやってきた外来種さ(笑)

それから16年間、大和スピリッツを叩き込まれ育った自称ファッショニスタ。
ちなみに18~22歳の時にファッションモデルの経験もあるんだ!

HaHaHa♪そんな経験を活かして、今はファッションのアドバイスなんかをやっているのさ。

アクセサリー&恋愛ジャンル:辛口だけど憎めない紅一点!ステファニー和泉

ステファニー和泉

ハーイ☆
私はステファニー和泉!26歳のアメリカ西海岸出身のレディーよ♡

モデル業をやっているということを活かしたくて、ダーリンのコネを使ってネット上でファッションアドバイザーをしているの。

アクセサリーの選び方や使い方、おすすめのものを紹介しているわ!
女子目線でのアドバイスだからモテたいメンズにはぴったりよ♪

ちなみに私はダーリンにぞっこんだから口説こうとしても無駄よ…?(笑)
まあ、どうしてもというならファンレターくらいは許してあげるわ♡

ヘア&スタイリングジャンル:かわいい男が大好き!ビリー☆加藤

ビリー☆加藤

ビリー☆加藤でぇ~す♪
ツッコみどころ満載だと思うけど、そんなにみつめちゃダメよ♡

私は27歳のウクライナ人で、6年前に日本にやってきたの♪
だって日本の男の子ってみんなウブで可愛いんだものぉ~♡

あっ!言っておくけど私はゲ〇じゃなくてバ〇だから!来るもの拒まずの博愛主義者ぁ~♡

ウクライナでヘアメイクアップアーティストの経験があって、日本で活動の幅を広げようと来日したのぉ~♪そこで学んだトレンドのヘアスタイルやヘアカラーを紹介しているから参考にしてねぇ~♡

筋トレ&ダイエットジャンル:がりがり→ゴリマッチョへの躍進!マスキュラー佐竹

マスキュラー佐竹

ヘイ!サイトを訪問してくれてありがとう!
僕はマスキュラー佐竹っていうんだ。

もともとガリガリで「鶏ガラぴんく乳首」ってあだ名をつけられてバカにされていたけど、今ではこの通り。ゴリマッチョさ。

どうやって僕がこの身体を手に入れたのか詳しく知りたいのかい?

フフフ、そうかい君もこのプラチナ超合金のような肉体の虜になってしまったんだね!

いいとも、僕の知っている「筋肉学」の全てをていねいに説明させてもらうよ!

僕の配信をチェックしてみてくれよっ!

薄毛ジャンル:寡黙な育毛マニア!紅林アブサロム

紅林アブサロム

このサイトで薄毛の記事を書かせていただいております。
紅林(くればやし)アブサロムと申します。

見てのとおり、私は薄毛の悩みとは無縁。髪の毛はふっさふさでしょう?

美容師である私が願うことは、薄毛で悩む人をこの世からなくすこと。そして世界平和、ラブ&ピースです。

多くの人に薄毛治療の最前線の知識をお届けできると嬉しく思います。

ライターの書いた記事の品質管理について

当サイトに記載されている内容に関しては、すべて各々のライターが統一された判断基準を持ち、内容の2重チェックを行い確認し正しい情報の提供に勤めております。

ライターの判断基準を高めるために、「志・誠実・本質・成長・卓越」という5つの理念を掲げており、この理念に沿った教育を行っております。

これからも「人間教育」と同時に「情報提供」に努めてまいります。

また、当サイトでの記事の配信と同時にFacebookページによる記事の配信をすることにより、多くの方に記事をチェックしていただくことで、記事内容に問題があった場合にすぐにご指摘いただけるような仕組みづくりを行っております。

Facebookページの閲覧者(フォロー者)に医師・薬剤師・歯科医・美容資格保有者などがいることにより、記事内容の正確性が一定ラインを下回らないように担保できるのではないかという思いがあります。

情報の正確性は、その分野の専門家内においても見解が分かれるものが非常に多いため、当サイトに記載されている見解は当サイトの見解だということをご理解くださるようお願いいたします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でメンジー!をフォローしよう!